シェアする

予想対決2020!回顧 12月4週目 最終週

スポンサーリンク

いやはや、5か月に渡った熱き闘いもここに終結を迎えました。

対戦してくださったスカイポットさん、とりおやこさん、アラシさん、おかべさん、桂木ASさん、損太郎さん、夜明けのばぁたさん、本当にありがとうございました。

そして、お疲れさまでした。

結果が下記画像となります。

今週の結果も表示したものが上側の画像、月毎と総計だけを表示したものが下側の画像となります。

私自身の成績などについては、別途記事にまとめたいと思いますので、割愛します。

まずは優勝は競馬予想家協会の会長であるスカイポットさんでした!

今年は今回の対決のルールに則って、ご自身の本来のスタイルよりも予想レース数を大幅に増加して予想されておられましたが、見事に回収率を下げることなく、高い的中率も維持されていました。

ご本人は“水増し”と謙遜されておられましたが、それでも回収率や的中率を維持するのは難しいことですから、いつもながら素晴らしい成績だと思います。

これで競馬予想家協会チームは優勝賞金を払わずに済みましたw

なお、スカイポットさんのTwitterはこちら、ブログはこちら、競馬予想家協会の公式HPはこちらです(宣伝)。

同じく競馬予想家協会のとりおやこさんは、10月から11月にかけての怒涛のプラス攻勢が印象的でした。

1か月前後に渡ってプラス週を連続されており、ハマった時の破壊力を存分に示されておられました。

有馬記念ではサラキアを本命にされており、本年の有終の美を飾っていました。

最近では他の予想大会にも積極的に参加しておられて、どのような予想を出していくのか、来年も注目されるところです。

なお、とりおやこさんのTwitterはこちら、ブログはこちらです。

アラシさんは、今年前半はかなり好調だったようなのですが、残念ながら今回の対決の期間では中々的中が出ず、不運にも不調期間に当たられてしまったようでした。

また、競馬場への入場が解禁されたら、予想数を規定の100レースまで伸ばすとおっしゃっておられたようなのですが、折からのコロナが収束せず、残念ながら予想レース数も100に届かないまま終了しています。

毎週、的確な調教解説や見応えのあるレース展望・回顧をYou Tubeにアップし続けておられるため、今後も視聴者に対して競馬の楽しさを伝えていってくださることは間違いありません。

最近では初心者向けの動画も作成されており、まさに競馬文化、馬事文化の伝道者と言うべき存在になりつつあるのではないでしょうか。

リベンジの対戦をぜひお待ちしたいと思います。

なお、アラシさんのTwitterはこちら、You Tubeチャンネルはこちらです。

おかべさんは、実は9月終了時点での成績はぶっちぎりのトップ。

しかも、その時点で予想レース数は100を超えていました。

レギュレーション上、予想レース数が100を超えていれば、その時点で予想アップを止めても良かったため、9月末まででストップを宣言されていれば、大差勝ちというレベルの的中率と回収率でした。

本物の予想家の実力をまざまざと見せつけられた思いがして、当時は畏敬の念とともに若干の恐怖すら感じました(オーバー)。

しかし、その後、ウマニティ上での年間収支向上を目的として、更なる高配当狙いへとシフト。

残念ながらこれが功を奏さず、失速してしまいました。

とはいえ、あのまま的中狙いで予想を続けていれば、恐らくスカイポットさんを上回っていたでしょう。

次回の対戦でも、ぜひご参加いただきたいですね。

なお、おかべさんのTwitterはこちら、ブログはこちらです。

桂木ASさんは、10月から11月にかけて、5週以上連続でプラスを達成され、また常に高い的中率を維持されておられました。

競馬予想家協会が提案する「予想力」指標では60をオーバーしており、これは協会ではプロ予想家並の予想力と位置付けられており、ご自身の予想を公にしても評価されること請け合いだと思われます。

あらゆる券種を組み合わせて自在に予想されるスタイルは、見ていて魅了されるものでした。

また、今後は馬事文化や海外競馬にもフォーカスしたYou Tube動画を作成されていくとのことです。

次の対決企画でも、そうした多彩な知識を駆使した予想を披露されにぜひ再来されることを願います。

なお、桂木ASさんのTwitterはこちら、You Tubeについては来年2021年1月から配信開始とのことです。

損太郎さんは、予想スタイルとして穴狙いが基本の方で、今回の対決の趣旨とはやや趣向が異なるタイプの予想家さんだったでしょうか。

最終週に一気に36Rを登録してきたのには結構ビックリしましたw

しかもその予想の買い目内容がw

皆さんも損太郎さんのウマニティ予想登録ページを見てみてください。

ぜひとも再戦していただいて、今度は規定数の予想を見せてほしいですね。

夜明けのばぁたさんは、独自の予想シートなるものを駆使される予想家さんです。

開幕スタートダッシュを決めておられ、戦々恐々としたのを覚えております。

しかも、その時点で規定の予想数100Rをクリアしており、レギュレーション上は予想をストップしても良い状態でした。

もしストップしていれば、スカイポットさんのメンタル面が崩れて、競り負けていたかもしれません。

台風の目として見せ場たっぷりでした。

再度の対戦をさせていただいて、ぜひまた素晴らしい予想を見せてほしいです。

なお、夜明けのばぁたさんのTwitterはこちら、ブログはこちらです。

以上、簡単ではありますが、参加者の方々についての私の雑感でした。

各参加者の方々について、勝手に媒体など紹介させていただきましたが、削除・修正依頼などは随時私のTwitterで受け付けておりますので、お気軽におっしゃってください。

最後になりますが、今回の参加者の皆様との対決を通して、自分自身の予想のレベルが確実に向上したと思います。

それは後日、私自身の今年の予想の回顧記事にて示すように、数字面でも明らかです。

やはり猛者と切磋琢磨する、ということと、誠実に、誰が見ても不正のない真っ向勝負で己を磨く、ということが、今年の私の成長の要因だと感じています。

参加者の皆様ありがとうございました。

次回の対戦にもぜひとも参加していただけることを願ってやみません。