シェアする

予想対決2020!回顧 8月2週目

スポンサーリンク

予想対決の2週目が終了しました。

雨に煙る新潟、今週のような不良馬場は比較的珍しいレベルだったようです。

本題に入る前に予想対決の概要です↓

レギュレーションや参加者の方々⇒こちらの競馬予想家協会のページ

「予想力」という指標について⇒こちらの「予想力」についての記事

有名予想家を「予想力」で測ってみた⇒興味深い試みがこちらの記事

 

さて、今週の結果が下記画像です。

なんとなんと、私・ドステが命中率、回収率ともに現在のところトップです。

この対決では100R以上がノルマなため、このまま都合よく行くとは思えませんが、今この瞬間は多少の優越感とともに、これだけの面子の中でトップに立てていることを誇りにしておこうと思います。

まぁ今後抜かされるでしょうが。

現在、数字上は上記画像のような状況ですけれども、各々の方の予想の的中を中心に、僭越ながら私なりに回顧させていただこうと思います。

 

まずは競馬予想家協会の会長であるスカイポットさんです。

知る人ぞ知る2歳戦のスペシャリストであり、予想文という面においても他の追随を許さないクオリティを持っておられます。

今回の勝負では出だし不調ですが、今週、初当たりが出ましたね。

私の知るスカイポットさんはこんなモノではないので、遠からずその実力に慄く時がやってくるだろうと思います(昔からそうなので)。

 

競馬予想家協会で私とともに理事(!)を務める、とりおやこさんは、渋い当たりを続けていますね。

必殺のワイドがまだ十分に決まってこないために回収率が伸びていませんが、いずれズバッと来るので、そうなると一気に数字を確保してくるでしょう。

競馬ナンデというサイトには、とりおやこさん専用の掲示板スレッドが存在し、ひと際存在感を放っています。

 

続いて、私・ドステですが、今週は土曜日に3R予想して、狙いとしては全的中だったのですが、札幌12Rのヴィディア・池添騎手が、2人気のシャンデフレーズを相手に定めて互いに譲らず先行。

シャンデフレーズは競り落としたものの、その分末脚が殺がれて4着というものでした。

恐らく、シャンデフレーズをマークせずに普通に回ってきていれば、シャンデフレーズ1着、ヴィディア2着みたいな展開になったと思いますが、池添騎手の勝負勘の良さが仇になった形のように見えました。

日曜日は新潟7Rのナムラシェパードが、オッズもそこそこで鉄板級に強いと踏んで美味しそうに見えたので、この降雨の中で内枠ですし正直迷ったのですが、ドキドキしつつ強気に選択しました。

が、やはり内枠が祟ったのか、行き脚が今一つでさらにコーナーでの加速が上手くいかなかったように見えて直線失速。

ここは雨に流されて静かにしておくべきでした。

これだけ堅いオッズの馬を買っておいてと思う方もいらっしゃるでしょうが、このオッズ帯の馬を狙うというのは、一つ外すのが致命傷になりかねないというか、的中率を維持しつつ一つの外れを補うのがかなり大変なので(均等買いなので)、増してや対決ということになると馬券圏内に来て当たり前(実際は30%以上は外れる訳で)の中で滅茶苦茶ドキドキしますw

新潟9Rの千直でポートナイトサイトをチョイスできたのは、逆に狙い通りの会心の一撃。

今週は珍しく土曜日に千直が組まれておらず、大外の馬場はいつも以上に痛みが少ないと考えて、初めから狙っていました。

そこにこの不良馬場、本馬には恵みの雨です。

本馬にはダート実績がありつつ、父がダノンシャンティという芝の方が産駒実績のある種牡馬、さらに母馬も芝をこなせる兄弟を複数産んでいるということで、馬場がマッチしてなおかつパワー兼備のスピード持続力が活かせると踏んだのが良かったです。

自分の予想だとやはり詳しく書けるなw

 

続いてアラシさんですが、ここまでは重賞のみの予想です。

今週のエルムSではエアスピネル本命でしたが、道中でかかってしまうとペースも速めでしたし、厳しいですね。

というか、エアスピネル、もう7歳なんですね。

マイルCSでムーアが乗った時が惜しすぎたのを今でも覚えているなぁ。

アラシさんは現状、予想数が少ないので、秋のGⅠシーズンが始まるに連れて、尻上がりに調子を上げてきそうですね。

 

おかべさんは、土曜日の段階では回収率も的中率も驚異的で、先週もかなりの成績を残されていたため、正直、「うお!マジか・・・!」とビビっていました。

土曜日はウマニティのアクセスに障害が発生したこともあり、もしかしたら予想数が想定通りではなかったかもしれませんが、それにしても凄いなと。

日曜日は新潟の雨の影響もあってか、やや伸び悩んでおられましたが、単純に1番人気を選ぶばかりではない狙いに戦々恐々です。

ここからいつ捲ってくるか分からない凄みを感じています。

 

桂木ASさんは、回収率はプラスとなりませんでしたが、3連単万馬券を的中されてましたね。

私は的中率を上げるために複勝メインで今回の対決に臨んでいますが、桂木ASさんは単勝多点買いや連複馬券に上記のように連単系も使いこなすなど、高い的中率を誇りつつ、自在に馬券を組んでおられます。

各馬の力関係や展開などもしっかりと見極めないとこういった馬券の組み方はできないと思うので、凄いなと思います。

この買い方ですと、いつか一発でプラスにもできるでしょうし、やはり捲ってくる脚が恐いですね。

スカイポットさんも同じように自在に馬券を組んでくるタイプですし、こういう馬券の組み方をする方は固め打ちがあると一気に来ますからね。

 

損太郎さんは、秋のGⅠシーズン開幕から開始されるとのことで、どんな予想をするのか今から楽しみです。

 

夜明けのばぁたさんは、恐らく私のような本命サイド、1番人気中心の複勝ではなく、2番人気以降で単勝10倍台以下の複勝がメインで今回の対決を戦われているように推察します。

先週は40%台、今週が32%台の的中率ですが、たった8%でこのような差が生じるということですね。

本当にほんの数%の違いで大きな違いが生まれ得るのが、馬券なのだということだと思います。

人によっては8%というのは大きいと感じる人もいるでしょうし、その感覚の方が競馬予想においてはよりベターなのだろうと思います。

例えば、夜明けのばぁたさんが買っていた新潟2Rのケイマーダなどは、実は私も予想段階では買うかどうか選択肢に入れていた馬で、今回の対決では他の参加者の方々と狙いが一緒かな??、と思う買い目もあったりして、そういう時は「やっぱりそいつ狙うよね。」みたいな感想を持ちますw

残念ながらケイマーダは進路が無くなって、結果凡走だったのですが、スムーズなら着は拾えていたと思います。

この辺りが紙一重で8%の差につながるのだとしたら、競馬予想というのは改めて、本当に難しいです。

 

思わず大分長くなってしまいましたが、今回はこの辺にしておきたいと思います。

また来週も熱い戦いが繰り広げられることでしょう!

様相一変まであり得ると思います!

私も負けていられませんので、このままトップを走り続ける気概でやっていきたいと思います。

シェアする

フォローする

コメント

  1. りる より:

    おお 予想大会が開催されてしかも本格的な大会みたいですね
    ドステさんにいい結果が出るように祈っております まだ始まったばかりみたいですがそれでも回収率100%超えているのはとても立派ですごいことだと思います
    ウマニティやネット競馬で予想を争うものがあるのは存じておりますが(ウマニティは地方も対応していていいのですが)、私は自分の独自の法則で予想しており 本当に自信があるときは数十万以上でも賭けますし、逆に本当に自信がないと500円くらいの時もあるので、こういう予想大会には参加しにくいというのがあります(ウマニティは上限1万円 地方は5,000円のだめ) あくまで私の信念ですが自分の予想の精度を明確に把握し かけられるときに大金をかけるというのがありますね ほぼ全レースやっていますがドステさんが自分の予想を回顧詳しくされてますが、自分の馬券の回顧もすごく楽しいというのは非常によくわかりますねw 私も競馬始めてから細かくつけてますがすでにノート76冊に到達しておりますw
    本当に面白いですよね競馬って 正直競馬が普通に開催されているからコロナ渦の中でも日常通りに過ごせている面もあるので、とても感謝しています。

    ドステさんやほかの参加者の方々が元気に、そして予想大会が平穏に終わることを願っていますね!頑張ってください!

    • dosute より:

      >りるさん
      ありがとうございます。
      確かに賭け金が大きく上下するスタイルだと、昨今の予想大会ものには中々参加し辛いですね。
      回顧はし始めると止まらないのもあって、適当に切り上げるようにしていますね。
      76冊は凄いですね!
      予想の腕を磨くのは、ある種一人でシコシコ地道に作業を重ねるものなのかもしれませんね。
      競馬がこの状況下で開催が続いているのは、本当に明るい希望の一つと言っても過言ではないと思います。
      りるさんにはエールは必要ないかもしれませんが、りるさんのご健勝とご多幸を祈念しつつ、私も頑張ってまいります。

  2. […] 参加者のご紹介は、協会理事のドステさん(https://dosute-keiba.com/2020/08/09/post-228/)ととりおやこさん(http://torioyako.blog108.fc2.com/blog-entry-3228.html)が既に行っていただいていますが、私から […]